ODIN リアルタイム配送システムで使われる実際の画面のスクリーンショットをご紹介します。

パソコン、スマホ両方掲載しています。クリックすると拡大されます。

お届けマップ画面

荷主さんへURLかQRコードを共有することでドライバーの位置情報と到着予想時間を共有できる機能です。一度URLを共有すれば、その後その配送先が計画に組み込まれた際に自動的にマップが更新されます。

配送状況の進捗画面

ドライバーの配送状況の進捗です。
配送計画とドライバーの位置情報から、今どこまで進んでいるか一目で確認することが可能です。
また、遅れている場合、あるいは遅れることが予想される場合、赤字で注意が表示されます。行先にマウスを充てると詳細情報が表示され、メール又は電話にてすぐに連絡が可能です。

リアルタイムドライバーマップ

各ドライバーが現在、どこにいるのか一目で把握できる画面になっています。
ブラウザの更新をせずに、自動的に車両アイコンの位置や情報が更新されることが特徴です。
地図上に、ドライバーの位置を示す車のアイコンが表示されステータスに応じてアイコンの色が変わります。

スマートフォンメイン画面

スマホのAndroid版のメイン画面ですが、iOS版も同様です。押しやすい大きさのボタンとなっています。

ある地点から近いドライバーを探す

行先と半径を入力し、「近いドライバーを探す」を選択する事で、行先から近い順番でドライバーが表示されます。
急な配送の追加や変更の際は、進捗画面と合わせて確認・利用していただくとスムーズな対応ができます。

スマートフォン配送計画詳細

ドライバーはスマートフォンアプリ上で配送計画の確認をします。
上から順に配送を行っていきますが、作業を終えた行先は緑色の背景色で表示されます。これによって、配送の行き忘れを防止できます。
また、各配送先をタップすると詳細な情報や地図が表示されます。

配送計画確認画面

管理画面で作成した配送計画の確認画面になります。
配送予定が記載された表や直観的にわかりやすいガントチャートでその日の配送の流れが確認できます。

配送計画作成結果

配送計画、作成結果の画面です。行先情報・集荷配送のセット組み・積載量の考慮、配送時間均等化など、様々なオプションを付けて計画を作成できます。

公開マップ機能

リアルタイムドライバーマップを一般の人に公開する機能になります。
公開マップ用のURLを発行し、そのURLにアクセスするだけで設定したドライバーの位置を把握できます。
また限定公開マップ機能という特定の方にのみ特定のドライバーの位置を知らせることが出来る機能もございます。

移動履歴

移動履歴の画面です。アプリで各ステータスのボタンをタップするだけで自動的に移動履歴が作成されます。
各ステータスを色で分ける事により、直感的にわかりやすくかつ、再生ボタンでどのようにルートを通ってきたのかがわかるようになります。また、時間の指定やCSV出力も可能です。

配送計画予定と実績

計画と実績が一目で確認することができます。作成した配送計画とドライバーが移動した実績を、地図上で照らし合わせることが可能です。

配送計画ひな型詳細画面

ベテランドライバーが走行した道を、そのまま表示します。配送計画として登録することも可能です。
新人教育に役立ちます。

日報 pdf版

日報をpdf形式で表示した画面です。
アプリで各ステータスのボタンをタップするだけで自動的に日報に反映されます。
ここで表示しているのはpdf形式ですがweb上でも確認ができ、csv形式での出力も可能となっています。

提出用日報 pdf版

日報をpdfで表示する場合は、こちらの形式で表示することも可能です。

DAV(Dynamic Analytics View)

複数人のドライバーの移動履歴を表示します。この表示によって、重複しているドライバーがわかり、効率化の目途が立ちます。

作業時間の集計

移動時間、納品時間、待機時間、休憩時間などが集計できます。どれだけ納品・待機(荷待ち時間)に時間がかかっているかを把握することはコスト削減につながります。

配車表画面

「ドライバーのその日のスケジュールを案件ごとにひと目で確認できる表」のことです。配車表で移動時間と空き時間を同時に見れるようになるので、急な案件にも対応できるようになります。

配送計画印刷画面

各ドライバーの配送計画を印刷する際の画面です。
ODINで作成した計画を紙として残すことが可能となりました。
各行先での積降ろしの荷物情報や、備考情報、希望到着時間などが確認できます。